Home > 自己紹介

うめかつ・ファイル

自己紹介

(この記事は1ページあります)


このホームページの作者について

梅原克文

「梅原克文」(うめはら かつふみ UMEHARA katsufumi)

本名、梅原克哉。(うめはら かつや UMEHARA katsuya)
1960年生まれ。男性。
「梅原克文」のペンネームで時々ホラー小説家をやっています。
私は5歳上の兄と二人暮らしです。兄は18歳の時、原因不明の精神障害と知的障害のダブル障害者になりました。私一人で介護しています。身の上話は、ここまで。

受賞歴
1990年 SFファンジン大賞創作部門 「二重螺旋の悪魔」(中編版)
1996年 第49回 日本推理作家協会賞 「ソリトンの悪魔」

出版歴

 (以下は名義、梅原克哉)
「迷走皇帝」(1990年11月、エニックス文庫)

 

 (以下は名義、梅原克文)
「二重螺旋の悪魔」上・下(1993年8月、朝日ソノラマ)
「二重螺旋の悪魔」上・下(1998年12月、角川ホラー文庫)
「二重螺旋の悪魔・完全版」(2015年4月、創土社)

「ソリトンの悪魔」上・下(1995年7月、朝日ソノラマ)
「ソリトンの悪魔」上・下(1998年12月、ソノラマ文庫ネクスト)
「ソリトンの悪魔」上・下(2010年6月、双葉文庫)

「カムナビ」上・下(1999年9月、角川書店)
「カムナビ」上・下(2002年11月、角川ホラー文庫)

「サイファイ・ムーン」(2001年9月、集英社)

「心臓狩り」全3巻(2011年5~7月、角川ホラー文庫)

「テュポーンの楽園」(2018年3月、KADOKAWA)

このホームページの方針について

筆者はホラー作家です。職業柄、ノンフィクションの超自然現象や超古代文明などのデータや仮説が大好きです。半信半疑で楽しんでいます。ネタによっては「信憑性が高い」と評価するものもあります。
しかし、困ったことが起きました。これらの仮説を収集、研究するうちに、私なりに仮説を補強するデータを見つけたり、仮説同士を統合した新統合仮説などを思いついたりしたことです。
残念なことに、それらは小説のネタとしては使えないのです。それらの元ネタは別の人たちのオリジナル仮説であり、すでに世間では「知っている人は知っている仮説」です。それをストレートに小説に使うと「安直なパクリ」と見なされるだけです。
でも、せっかく、おもしろいデータや仮説があるのです。このまま死蔵させるのも惜しいです。
そこでホームページを立ち上げることにしました。ミニサイト兼ブログです。ミニサイトでノンフィクションの超自然現象や超古代文明などのデータや仮説を取り上げます。そして私なりのデータや新解釈を追加します。
楽しんでいってください。
ただし、私の手持ちのネタは少ないので、ペースは遅いでしょう。

それと、このホームページに興味を持ってもらえれば、私の小説の広報にもなるでしょう。

このホームページの形式について

このホームページは、実質的にはミニサイトが主体です。一つ一つの記事が単独テーマで完結しています。
これは私の手持ちのネタが少ないからです。ブログのような日記風エッセイとして毎週、記事を更新するなんて無理なのです。
そこでミニサイト兼ブログの形にしました。ミニサイトは年に数回、単独記事を追加するぐらいのスローペースです。
ブログの方は不定期に追加します。こちらも、ややスローペースで。

 

画面デザインは文章のテキスト表示と画像表示を、同じ段に横並びに配置しない方針です。いわゆる「回り込み表示」は使わない方針です。
このデザインはスマートフォン利用者のためです。スマートフォンは縦長の画面ですから、横並びの表示なんて文章が分割されて、こま切れになり、見にくいだけですからね。

このホームページの運営システム

独自ドメインを取得しました。umekatsu.com

レンタルサーバーを借りました。
CMS(コンテンツ管理システム)は、baserCMS。

baserCMS

なぜ、CMSで利用者の多いWordPressを選ばなかったのかって?
WordPressはブログ向きのシステムで、それ以外には不向きらしい、と知ったからです。このホームページはミニサイト兼ブログの形式にする予定なので、幅広い機能があるシステムが必要だったのです。それと国産ソフトウェアを応援したい気持ちもあるので、baserCMSを選びました。

 

このホームページのタイトルについて。

「うめかつ・ファイル」という、ふざけた名前をあえて選びました。
本当は私の名前「梅原」を使いたいところです。しかし、現在のネットでは使いにくいのです。

なぜなら、現在、「梅原」でネット検索すると「プロゲーマー、梅原大吾氏」の情報が大量にヒットするからです。
この現状では「梅原」をタイトルに使うのは無駄です。その場合、検索してもらっても検索ランキングの100位以内にも入らないでしょう。

一方、「うめかつ」プラス「ファイル」という二つの言葉を組み合わせたタイトルのサイトは、他に存在しませんでした。
つまり、「うめかつ・ファイル」で検索すると、このホームページが必ず検索ランキング1位で表示されます。